五輪と私。

開幕しました、バンクーバーオリンピック。


開会式、仕事中に途中までこっそりとみて、残りは夜の再放送をみて




14日はバレンタインだというのに、彼が用事が(身内の)あったために、家でのんびりと、女子モーグルの予選、決勝とみてました。

(夜はサッカー日本代表vs韓国戦をTV観戦)


いやぁ、、、ほんと 楽しみです。
というか トリノからもう4年たったのか! という驚きがねー、微妙にあります。



私のオリンピックの記憶の一番最初のものは、

1988年のソウルオリンピック。鈴木大地!バサロ! みたいな。でも小学校低学年だったので、なんとなぁ~くな記憶。かなりおぼろげ。



次が、

バルセロナオリンピック(1992年)。これは体操男子に胸キュンしてましたねぇ。
あと、岩崎恭子さんの名言「今まで生きてきた中で一番うれしい」
有森裕子さんの、「自分で自分を褒めてあげたい」

男子マラソンの谷口浩美さん「こけちゃいました」ね!

で、アルベールオリンピック、リレハンメルオリンピックと冬の五輪も覚えてます。
荻原兄弟!感動でしたよねえ。


そして1998年、長野五輪。
丁度高校生で自由登校の時期だったので、ばっちりみてました。

そうか あれから12年が経つのか・・・・・・
そう思うと、ほんとに月日が過ぎるのは早いなあ って思いますよね。


メダルも大事だけど、

オリンピックの精神。
「参加することに意味がある」
んだと思います。





あー しばらく寝不足です(笑)
[PR]

by czblue | 2010-02-15 15:14 | music/TV/movie